地元の木で建てる家

地産地消は、食べ物に限ったことではありません。
家をつくる場合にも、その地で育った木を使うことで気候や地域とのバランスがとれます。
私たちは地元の木を使って、三方よしの家づくりをめざしています。

住まい手にも環境にもやさしい地域産の木の家づくり

人にやさしい木の家を地域産の木でつくることは、
木のふるさと、森にもやさしいことをご存知ですか。
今、地球では森林が減り続けています。
一方で、日本は豊かな森に囲まれているにもかかわらず多くの木材を外国からの輸入に頼っています。
その結果、国内の森林は手つかずのまま放置され、荒れはじめています。

このままでは林業は衰退し、さらに環境悪化や自然災害の発生など、人々の暮らしを脅かしかねません。
しかし、近くの森の木で家をつくることで、森を健全にし、自然環境を守ることができるのです。さらに、似通った気候条件の下で育った木材を使用する方が家に姿を変えた後も木は永く生き続けることができます。

森で育まれた木を家に使う・伐った分はまた植える・家は永く生き続ける・その間森で木が育つ・そしてまた森の木を家に使う…このような持続可能な環境サイクルを考えながら、私たちは、地域産の木の家づくりに取り組んでいます。

地域産の木を、木の蔵「木樂蔵」にて自然乾燥。
地域の職人による家づくり

この地で伝え続けてきた大工技術で、私たちだからこそできる、安心の家づくり

美しい木組みと木肌に、確かな手仕事を感じる木の家。
多くの技と伝統が、そこには込められています。
坂田工務店の百余年の歴史の中で引き継がれてきた大工技術は、家づくりの中で伝えられ育まれてきました。
親方は、技術の未来を見据え、若手を育成し、若手は、親方の仕事や実物、読み物から懸命に技を体得しています。
そんな技術や知識を私たちは伝承しています。木材を活かし、力強く組み上げる家づくりは私たちの誇りです。
最近の住宅は機械によるプレカット加工が数多く行われています。しかし、微妙なそりや曲がりなどのある自然素材の木材を機械加工しようとすると大工職人が手で加工するよりかえって精度が悪くなってしまいます。そのためいったん木材を小片に切った上で接着剤で貼り合わせる集合材が多く使用されることになり、その加工にかかる費用を捻出するために価格の安い輸入木材が日本の気候風土において腐りやすいにもかかわらず使用されることになっています。今、住宅に使われている木材の80%が輸入木材といわれます。しかしながら、気候風土の違う日本では寿命が国産木材の1/4といわれ、耐久性などで劣っているのは明らか。木は生きています。呼吸しています。節や微妙なそりや曲がりはすべて木の個性。その個性を尊重して美しく木組みを構成していくことや自然の木材をエネルギーをかけずに活用するためには昔ながらの伝統的な技術が重要になってきます。かつての法隆寺の大修復の時、柱や梁が再利用された話を聞いたことがありますか?きちんと育てられた木を使い、きちんと施工する技術を継承していくことこが大切だと私たちは考えます。

地域のこと、森のことを考える。

滋賀県の総面積の約2分の1をしめる森林は、木材の生産だけでなく、きれいな水と空気の源としても大きな役割を果たしています。 かつて人々は地域産の木材を使い、地域の技術で家を建て、お金を山に戻すことで経済と環境の循環を維持してきました。木材を有効に使うことは山を健全に保ち、水源となる森を護ることになるのです。 私たちは、適正に管理された森の木を、家の柱・梁や板材に利用し、その代価を山に還元することで新たな森林を育み、再生可能な資源の循環をかたちづけられるよう取り組んで行きます。

伊香立の風景:初夏

一般社団法人 安曇川流域・森と家づくりの会

安曇川流域で育った良質な木材を使い、住まい手とともに安全で安心な「こだわりの家づくり」。
家づくりを通じて豊かな森づくりを目指し、林業家・製材士・工務店・設計士等が集い活動している会です。

大津市伊香立に坂田工務店も参加する安曇川流域・森と家づくりの会のモデルハウス“もりいえ”が誕生しました。
滋賀県産木材をふんだんに使った木の家です。さわやかな木の香りとぬくもり溢れる空間を体感しに是非お立ち寄りください。
土日は設計士も対応させていただきます。
家のことなんでもご相談ください。

モデルハウス“もりいえ”
所在地:滋賀県大津市伊香立下在地町478-3
電話:077-574-3225
営業時間:午前10時〜午後5時
定休日:水、木曜日

鯉のぼり

向かいの川にはホタル

付近にある柿の木
つるし柿や柿渋づくり

間伐材でストーブ用の
薪割り

琵琶湖森林づくりパートナー

現在、県内の人工林(ヒトが木を植えてできた森林)は、間伐や木材利用が進まず過密状態のところが多くなっています。手入れ不足の状態が続くと、森林が本来持っている水源かん養や、二酸化炭素の吸収等の機能が発揮されにくくなります。そこで今、滋賀県の森林に必要なのは、木を切って(間伐)使うこと(利用)です。 滋賀県の森林を、琵琶湖の水源を守るため、中小企業家同友会が実施する「南比良同友の森」の活動に参加しています。