会社沿革

坂田工務店の歴史

坂田工務店は、1892年(明治25年)に、滋賀県は伊香立の地に誕生しました。

私たちは大工として、工務店として、湖西地域で育まれた百余年の歩みの中で、安全・安心の家づくりに取り組んできました。地域と共につくる木の家を通して、家族やこの地域で暮らす人たちが本当に望む豊かな社会の姿を、街のこと、環境のこと、未来のことを考え、これからも地域の工務店として貢献していきます。

明治 明治25年 坂田石松が伊香立村で大工として創業 新知恩院釣鐘堂工事に携わる
明治29年 石松長男甚太郎が生まれる(二代目)
大正 大正 5年 甚太郎が大倉米吉に弟子入りする。(伊香立には大倉米吉の建物が多く残る)
大正11年 甚太郎長男甚右衛門が生まれる。(三代目)
昭和 昭和12年 甚右衛門が甚太郎に弟子入りする。
昭和18年 甚右衛門徴兵 八日市飛行場に配属 飛行機格納庫等の建物建築に携わる(約三年間の徴兵期間を過ごす)
昭和20年 伊香立村八所神社社務所新築工事 伊香立中学校校舎移転工事等の公共的建物工事に携わるようになる。(村が発注する建物を入札し請負する)
昭和24年 11月 建設業登録 第70号 大工工務店として体を成す
昭和26年 甚太郎が二級建築士を取得 伊香立村新制中学校体育館新築工事(滋賀県69人目の建築士)
昭和29年 甚右衛門長男徳一生まれる(四代目)
昭和33年 坂田二級建築設計事務所として登録 い第77号 設計ができる工務店を目指す
昭和36年 甚右衛門が代表になる。滋賀県保険部琵琶湖研修施設工事を受注 民間住宅の新築等を受注
昭和48年 公共工事へ入札参加資格を取得  設計施工できる工務店として民間受注に力を入れる
昭和48
~61年
徳一 大津の松井工業株式会社に入社 13年間は現場監督を努める。県立スポーツ会館など公共建物を手がける。
昭和57年 2月 徳一 一級建築士資格取得
昭和61年 松井工業株式会社を円満退社する。徳一 坂田工務店に入る 一級建築士事務所に変更登録する

平成 平成 5年 株式会社坂田工務店 資本金1,000万円 法人化
平成 7年 阪神淡路大震災が起こる。木造家屋の倒壊で多くの人命が奪われたことに衝撃を受ける 木造住宅を根本的に見直す
平成 9年 大阪へ木造住宅勉強会MOKスクールに参加する。四国・秋田・静岡など現地まで見学に行き話を聞く。
平成 9年 国産材住宅推進協会の宮崎県産直住宅での施工請負う(上田邸)
平成10年 自社で国産材を使った木造住宅を手掛けるようになる。 滋賀県内で木造在来工法住宅を考える会(木考塾)を立ち上げる。三重県熊野市から杉・桧材の仕入れを始める。(野澤邸)
平成11年 服部信康氏設計「月の山」を施工
平成12年 服部信康氏設計の和邇の家を施工 工事中の建物で見学やセミナーを始める
平成13年 住まい手と四国まで木材を見学に行く。四国高知の森昭木材から材料を仕入れ施工する。(高木邸)
平成13年 滋賀県建築士会主催こだわり住宅賞で知事表彰を受ける。(土井邸)
平成15年 木樂蔵オープン 第一回木樂蔵イベント開催
平成16年 滋賀県産業支援プラザ「コミュニティビジネスモデル事業」に安曇川流域・森と家づくりの会が採択される。10月に朽木で第一回の木の伐採見学と学習会を開催
平成19年 滋賀経済同友会主催 滋賀LOHAS大賞奨励賞に選ばれる。受賞理由は地域資源を活用した環境共生型住宅の施工と暮らし方の提案
平成19年 滋賀県建築士会主催こだわり住宅賞でびわこ放送賞(今城邸)
平成20年 滋賀県建築士会主催こだわり住宅賞で琵琶湖環境部長賞(南出邸)
平成21年 山里とつながる持続可能な暮らしを実現する田舎暮らし支援団体「結びめ」を立ち上げる
平成22年 安曇川モデル住宅「もりいえ」が大津市伊香立にオープン
平成22年 田舎暮らし体験施設「風結い」が高島市安曇川にオープン

坂田工務店二代目:坂田甚太郎

会長:坂田甚右衛門(20歳)

伊香立小学校

先代坂田甚右衛門と弟子

大工たちとともに

木樂蔵オープン

木樂蔵イベント

第9回のこだわり住宅賞を受賞

こだわり住宅賞を受賞した今城邸
モデルハウス「もりいえ」

田舎暮らし体験施設「風結い」