光庭の家 – 野洲市

住まいのコンセプト

施主ご夫妻は子供さんおひとりの3人家族。敷地は、間口8mで、東西に長く、南面は2階建ての家が建っています。
出来るだけ光を取り入れたいということから、南の光を敷地に落とす中庭を設けました。LDKと和室、主寝室と子供室がそれぞれ中庭を挟んで向かい合い、適度な距離を保ちつつ、つながっています。
 主寝室はワークインクローゼットを壁で仕切っただけにしているので、天井が続き、広々した部屋になりました。将来天井まで壁を伸ばせば、収納量を増やすことも可能です。
出来るだけシンプルにというご要望から、内装も設備機能もベーシックなものでまとめましたが、大壁のどっしりとした白い壁が木の良さを引き立てていると思います。(設計士:市川由美子)


光庭(土間は計画中)

機能的なオープンキッチン

白い空間に木の収納がアクセント

広い天井が気持ちいい主寝室
 

建物概要

●設計期間 2009年11月から20010年6月
●工事期間 2010年7月から2010年11月
●構造規模 木造2階建
●床面積 1階:54.65㎡  2階:44.71㎡
延床面積:99.36㎡(30.1坪) 
●仕上げ 屋根・・・カラーガルバリウム鋼板葺き
外壁・・・ラスモルタル掻き落し
内部床・・1階:杉板張り 2階:杉板張り
内部壁・・1階:オガファーザー、ペンキ塗り
2階:クロス張り 和室:薩摩中霧島壁塗り
天井・・・1階:Jパネル表し 2階:杉野地板表し