お住まい訪問記

vol.02 小さいお家で大きく遊ぶ うさぎ湖屋-守山 クーマさんのお住まい

今回訪問するお住まいは「小さいお家で大きく遊ぶ うさぎ湖屋」です。
クーマさんご一家はご夫婦ともに多趣味。ご主人は登山にサーフィン、スキー、バイクなどアウトドア好き。奥様はパンづくりや洋裁、草木染めなどクリエイティブ派。加えて活発なお子さんが二人いらっしゃる賑やかなご家庭です。
「子どもたちの成長とともに変化が可能な間取りで、自分たちの趣味も存分に楽しめるような家を!」そんなご夫婦のライフスタイルや考え方から導きだされたのはシンプルなワンルームのようなプラン。
さまざまな変化を受け入れてくれる住まいですから、随所に楽しいアイディアや住まい手の個性が光ります。そんなクーマさん一家の暮らしぶりを見学させていただきました。

想いのままに暮らすよろこび

クーマさんのお住まいの特徴はコの字型に囲われた中庭です。大きな棟が住居空間で、小さな棟が趣味の小屋。どちらの棟からも庭を眺めることができ、中にいても外を感じられます。建具を全開にするとご主人が製作された(!)ウッドデッキとつながり、アウトドアリビングを楽しめるようになっています。普段は子どもたちの遊び場として、時には友人を招いてのホームパーティ会場になるのだとか。家族みんなで楽しく暮らしていただいているようです。

手づくり生活がくれるもの

キッチンの向こうに広がるのは、奥様が大切に世話をされている畑。バジルやレモングラスなどのハーブを始め、ゴーヤや小松菜、冬瓜など多彩な作物が元気に育っていました。
中庭でお絵描きをするお子さんが使っている黒板は、お父さんからの手づくりプレゼントとのこと。つくれるものは自分たちでつくる、その一手間が、実際に「使う」時に幸せを与えてくれるのでしょう。竣工時からさらに住まい手仕様に変化した家は、より魅力的で楽しい空間になっていました。

こだわってつくったところ
・・・今の暮らし心地はいかがですか?

◆趣味の小屋…アウトドア派のご主人の道具の保管場所として大いに活用されていました。引戸を開けるとそこには趣味道具がぎっしり!小屋内のロフト部分までところ狭しと並んでいました。
◆ウッドデッキ…ウッドデッキもご主人手づくり!ハンドメイドの鳥小屋が設けられ、ハンモックがつり下げられる場所も。温かい日には子どもたちがハンモックに揺られて遊んだりお昼寝するのだとか。
◆中庭…DIYが趣味でもあるご主人。道具のお手入れから作業まで、便利に使っていただいていました。デッキの一部分を改造し、道具入れとして使用されています。
◆和室…ふすまを閉めると来客時、個室としても使えるようにつくられた場所ですが、今は奥様のアトリエとしてミシンやアイロン台など、裁縫・手芸の道具でぎっしり。制作した小物や人形などが家のいろんなところに飾られていました。子どもたちのおもちゃも、奥様の手づくりだそうです。

住まい手からのメッセージ -これから住まいをつくる方へひとこと –

自分たち家族のライフスタイルをじっくりと見つめ直し、これから何が必要になってくるかを認識するのが大切だと思います。自分たちの暮らし方を設計士さんと共有できるよう、しっかりと伝えること。逆に、間取りなどの細かなプランは設計士さんにお任せすることが住みよい家づくりの秘訣です。
■クーマさんのブログ 【うさぎ湖屋ピョンピョン日記】はこちら

クーマさんご家族DATA 夫・妻・子ども女の子2人


お住まい訪問を終えて

お引渡しから四年が経過して、クーマさんご家族の暮らし方と住まいの一体感がますます充実したように感じられます。
クーマさんが登山やサーフィンなどの道具を保管し趣味を楽しむ小屋と、キッチンダイニングでパンづくりなどを楽しむ奥様や子供たちが
中庭に設けたデッキでつながっています。中庭は子供たちの遊び場や友人やご近所の方が気楽に集える場となっていました。
建物の外壁に張った杉板や木製サッシはクーマさんがDIYでお手入れをされています。また中庭にある実のなる樹や小さな菜園にも
手がかかりますが「中庭に集う」暮らし方に潤いを感じた訪問でした。