我が家を守るお手入れ

自然素材を使った家は、日頃からのお手入れも大切です。
我が家を永く美しく保つためのチェックポイントをご紹介します。
手をかけることで住まいへの愛着と家族のコミュニケーションも生まれます。

無垢の木の床

普段のお手入れ

掃除機やほうきで、ゴミやほこりを取ります。ほうきは和箒や棕櫚箒が柔らかくお勧めです。しっかり絞った茶がらをまいて一緒に掃くと細かい汚れや臭いに効果的です。拭く場合は、から拭きを基本としてください。
炒った糠や乾燥させておからを布袋に入れて磨くと油分が補えていいつやが出ます。

落ちにくい汚れ

かたく絞った雑巾で拭いてください。無色の塗装に使ったワックスでこすっても汚れは落ちます。
ペンやクレヨンの汚れは、歯ブラシと歯磨き粉でこすってください。その後はワックスなどで油分をおぎないます。

小さなくぼみキズ

お湯を含ませたタオルをキズの上に置き、アイロンをかけます。
木が膨らみ、キズは目立たなくなります。その後はペーパー(240#~400#)で整え、ワックスを塗ってください。

漆喰や塗り壁

拭くと汚れが広がるので、基本ははたきをかけてください。
汚れによってはプラスチック消しゴムで消えます。
漆喰の場合は白チョークで分かりにくくすることが出来ます。塗り壁材によっては、中性洗剤で軽くふいた後、かたく絞った雑巾で洗剤を拭き取る等の方法もありますが、汚れに関してはあまり気にしないのが一番です。

建具

建具や建具枠も木を使いますので、住まい始めてからの温度変化や湿度の状態により反ったりすることがあります。
開け閉めしにくい状態になることもありますが、一年点検で調整した後はたいてい落ち着きます。

キッチン、浴室、トイレ、空調などの設備

機器類の不調については各メーカーが対応しますが、日常的に水漏れや異常な機械音などに注意し、不調を感じたら、ご連絡ください。
放置しておくと機器類だけでなく、建物本体までも傷めることにもなります。

建物外装

板張りの場合は、塗装材料にもよりますが3年~5年で塗り直しが必要になります。水洗いで汚れを落とし、乾いた後に再塗装をしてください。
すべての壁材において、風通しを良くし、カビなどが発生しない状況を保ちましょう。