【new!】2階建てから平屋へ減築

住まいのコンセプト

住まい手さんの第一のご要望は「階段のない家」。とは言え、購入された中古住宅は道路との高低差が1.3mの2階建て住宅。また、駐車場も1台分しかないので2台目が置けるようにしたい。建物奥には広い地下室があり簡単に全部解体して新築するということもできず、様々検討した結果平屋に減築し、道路からは段差解消昇降機を使って階段を使わなくても生活できるように改修しました。
建物内部については、成人された娘さんと息子さんとご夫婦の4人暮らしなので、それぞれのプライバシーを守れるということと、日常生活に見守りが必要な息子さんに目配り出来ることが重要なご要望でした。そのため、それぞれの個室の間は引戸で間仕切り、開け放すと広い部屋になるようにし、閉じたり開いたりしやすい構造にしています。(設計士:市川由美子)
【before】元々は道路との高低差1.3mの2階建て住宅でした。
キッチンがリビングの視界に入りにくい配置に。
窓の光が天井と壁を照らします
個室間も開放可能な間仕切りに。
設計期間2015年 1月から2015年9月
工事期間2015年 10月から2016年2月
構造規模木造2階建て170㎡を平屋113㎡に減築(改修当時築32年)
改修項目屋根・・・繊維補強軽量セメント瓦
外壁・・・そとん壁塗り 玄関ポーチ・・・杉板ウッドロングエコ塗装
内部床・・桧板張り
内部壁・・クロス張り
天井・・・杉板張り
玄関ポーチ段差解消昇降機
改修後耐震評点 1.76